酒店のコト

Instagram / Facebook 開設

高野酒店 Instagram / Facebook アカウントを開設いたしました。

Instagramはこちら(www.instagram.com/takanosaketen/

Facebookはこちら(www.facebook.com/takanosaketen/

本ブログにて、入荷情報等発信してまいりましたが、今後はその役割を Instagram / Facebook に移行いたします。現状 Facebook より Instagram の方が投稿を頻繁に行っております。Facebook いいね / Instagram フォローしていただけると幸いです。

より一層、皆様が充実の SAKE LIFE が送れるよう努めてまいります。

今後ともよろしくお願いいたします^^

レッツ店飲み

先月、レッツ店のみと題し、店内で立ち飲み試飲会を行いました。

試飲酒は10種以上、主に夏の生酒。ワイングラスで香りを確かめながら、また味わいを語らいながら、楽しい会でした^^

日本酒を冷凍庫で過冷却したみぞれ酒、初めて見る人もいたので興味津々の様子。生原酒を使ったのですが、どっしりとした味わいが、氷点下の冷たさによって重たく感じないんですね〜^^

レクリエーションでファミコン大会も^^

音楽は、自分含め参加者の趣味に寄せ、パンク/ハードコア/ヒップホップ/レゲエ等。以外と日本酒に合うものです^^

久保田 感謝 三十周年ノ集い 開催

新潟の淡麗辛口の代表格、久保田の30周年を祝して、群馬県内の正規久保田取扱店で、記念パーティを開催します。

日時:10月15日(月)祝日

受付開始:17時

開会/閉会:17時30分 / 20時

会場:ホテルメトロポリタン高崎(JR高崎駅 西口直結)

会費:6000円(料理/飲み物/お土産付)

■久保田のDVD上映
■お酒/久保田全種(30周年記念酒、萬寿、翠寿、碧寿、紅寿、千寿、百寿)
■利き酒コーナー/利き酒大会、優秀者表彰(希望者のみ)
■お燗酒コーナー
■日本酒カクテルコーナー
■料理コーナー/新潟の食材を使ったお料理いろいろ
■ライブ演奏/バーンスリー奏者、寺原太郎氏によるミニコンサート
■参加者様にはお土産(記念品)を予定

ポスターに「感謝」お文字が入っている通り、久保田を飲んで頂いているお客様に感謝の意を込めたパーティでもございます。30周年記念酒をはじめ、コレだけの種類の久保田を一同に飲み比べられる機会は県内ではなかなかございません。お酒以外にも、新潟の食材を使った料理や、生演奏など、充実の内容となっております。

チケットは、事前に当店でお買い求め頂けます。ご来店が難しい様でしたらお電話でも対応致しますので、お問い合わせください。

蔵見学 群馬泉 島岡酒造

[su_custom_gallery source=”media: 625,624,623,622,619,618,617,616,612,611,608,606,607,627″ link=”lightbox” width=”100″ height=”100″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

先日、群馬県太田市にある、「群馬泉」製造元、島岡酒造に蔵見学に行って参りました。シーズンではないので造り中のお酒はありませんが、専務で杜氏の島岡さんに蔵内を案内してもらいました。

製造蔵は、2006年に不慮の火事によりほぼ消失しており、その後同じ場所に建て直し現在に至っています。蔵はシンプルな動線で、白壁、塗り直した貯蔵タンク、垂れ下がる白熱灯がモダンな雰囲気を演出しています。左右に並ぶ円柱の柱は、火事前からのモノだそうです。

群馬泉と言えば山廃造りですが、その山廃酒母を造るとき、白熱球の発する熱が、温調整に役立つとのこと。白熱球が手に入れにくくなってきたとのことで、まとめて10年分くらい買いだめしているといいます。

貯蔵タンクは塗り直したばかりでしたが、注目すべきはその胴回り。画像では分かりづらいかもしれませんが、段になっている部分は今回新たに改造した部分だそうで、中に帯状の空間があり、そこに水を流して温度調整をするそうです。

島岡さんの話しでは、数字的なことももちろんデータ収集し参考にしているけど、重きを置いているのは経験や感覚の部分であるとの事です。開口部を解放した貯蔵タンクであったり、常温に近い状態での貯蔵も多いのですが、山廃はそれに耐えうる強さがあるとの事。簡単には悪くならないんですね。

島岡酒造さんでは11月に造りを始めると、初めに大部分の酒母を造ってしまうそうです。そして順次、醪(もろみ)造りに入って行くわけですが、待たされている酒母も強靭な山廃ということで簡単には悪くならないそう。そして2月中には造りもほぼ終わってしまうとのことで、非常に特殊な製造スケジュールでした。通常は10月から造り始め、4、5月頃に「甑(こしき)倒し」(=その期の製造を終了を意味します)するのが普通ですし、まとめて多くの酒母を造るのも珍しいと思います。やはり山廃というのが、大きな特徴のお蔵なんだなぁと再認識しました。

非常に説明上手な島岡専務。その他色々な話しもお聞きしましたが、全て書ききれないのでこの辺で。買い付けてきた「淡緑 純米吟醸」は、山廃ならではの奥深い味わいと酸が効いた、凛々しい味わいです。暑い今の季節なら冷やして飲むにも◎!

蔵元直送「咲耶美」貴娘酒造

中之条の貴娘酒造の吉田さんが、「咲耶美」を直配達でご来店^^いま流行の(?)ダブルハンドでパシャリ。双方夏酒です。

「咲耶美」は果実を思わせる心地好い香りで、甘旨みジューシー。キンと冷やしてワイングラスで飲むのをおススメしています^^うまいですよ〜

ターコイズがまぶしい「結人 夏のあらばしり」は純米吟醸のうすにごり、爽やかシュワウマのお酒です^^こちらも自信をもってオススメする夏酒です^^

そして吉田さんには、ちょっと遅い父の日でウイスキーをお買い上げ頂きました^^ 父の日ギフト、まだ間に合います!というか、世のお父さんいつでもお酒ギフト喜びます^^

酒飲みには酒ギフト。何を選んでいいか分からない場合は、当店にご相談ください/

[su_custom_gallery source=”media: 598,547,350″ link=”lightbox” width=”150″ height=”150″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

 

田植えをしました!2015

「田んぼから日本酒をつくる会」。2店の酒屋+農家+蔵元で協力して企画しております会です。先日6月21日(日)に、二年目の田植えをしました^^

参加者 大人34名/子供17名、総勢51名。悪天候の予報でしたが、曇り空なんとか持ちこたえてくれました。

田植え後は田んぼの横で酒宴BBQ^^ お酒は、1年前に植えた稲たちが米となり日本酒となった「畦 AZE 純米吟醸」。群馬最古の蔵元、牧野酒造さんが醸しています。日本酒を、その原料である米が育った田んぼで飲むと言うのは贅沢ではないでしょうか^^

和気あいあいとイベントは終了。おみやげに、農家の赤飯/大盃300ml/不揃い野菜^^

「田んぼから日本酒をつくる会」、今後は、年明けに蔵元体験見学会を予定しております^^/

(※参加者の同意のもと画像掲載しております)

[su_custom_gallery source=”media: 579,580,572,573,571,569,568,566,563,559,558″ link=”lightbox” width=”125″ height=”125″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

日本酒の会

先日、安中市松井田の居酒屋「酒楽」さんにて、日本酒の会を開きました。主催は安中市でカルチャー教室などを企画している道草組様です。

飲み比べたお酒と途中の料理の様子等、写真忘れました><飲み比べた8種のお酒は以下。

①すず音/②緑川 本嬢/③やまとしずく 純米/④尾瀬の雪解け 純米大吟醸 夏吟/⑤畦 AZE 純米吟醸/⑥町田酒造 特別純米 美山錦 にごり/⑦帰山 純米吟醸 生/⑧八海山 特別純米原酒

今回はお酒好きの会ではなく、日本酒とライトなお付き合いの方、またはアルコールが全く飲めない方にもご参加頂きました。

日本酒の味わいの幅と楽しさをを知ってもらいたくて、なるべく色々なお酒の造りと味わいを網羅するようにラインナップ。八海山はみぞれ酒仕様にしたかったのですが、冷却が足りず失敗しました><

飲み比べ以外に、日本酒の特定名称は覚えて頂きたくてお話し、その他にも色々と質問を頂き楽しい会となりました^^

お酒は二十歳から、地酒は三十路から。これだと思います^^

[su_custom_gallery source=”media: 488,503,504″ link=”lightbox” width=”150″ height=”150″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

ウイスキーコーナー

ウイスキーコーナーです。

ここ1年のブレイクぶりはほんとに凄まじいです^^ 電話、メールの問い合せも増えました。品切れも多くなって、仕入も思うように行きません><デッドストックだったものはほぼ売れてしまいました。

ウイスキーに限らず、お酒のおいしさ魅力を知って頂き、ただ酔うための酒ではなく美味しい料理をより一層楽しむため、美味しい味わいを分ち合うため、良質のお酒が見直されることは素晴らしいことですね。一時のブームではなく、美味しいお酒を楽しむ習慣が定着する事を願います。

大事な人とのひととき、めでたい日の御祝に、宴の彩りに、美味しいお酒はきっと華を添えてくれると思います。