巖 特別純米 しぼりたて 山田錦/五百万石

「巖 特別純米 しぼりたて 山田錦/五百万石」。

正月に華を添える目出たい色のラベル。「五百万石/ひとごこち」バージョンとラベル同じです。米の名前の表記だけ異なります

「五百万石/ひとごこち」に比べ、荒々しくバランスが取れたどっしりとした味わいは同じくも、こちらの方が少々すっきりとした印象。「巖」らしい力強い味わい、29BYも期待の巖です^^

巖 特別純米 しぼりたて 五百万石/ひとごこち

「巖 特別純米 しぼりたて 五百万石/ひとごこち」のご紹介です。

正月に華を添える目出たい色のラベルです。

荒々しくもバランスが、取れたどっしりとした味わい。この複雑な重みが「巖」らしいです。甘味に偏らず、旨味、酸味、苦味、渋味がバランスよく、力強く活き活きとしたジューシーな味わい。

旨いです^^

 

亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24

「亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24」のご紹介です。

CEL-24というのは酵母の名前で,この酵母は高知県の工業技術センターで開発されたもの。酵母の種類によって、日本酒の香味というのは大きく左右されますが、このCEL-24は、非常に華やかなお酒を生成する特徴的な酵母です。

出来上がったお酒は、香り超華やかフルーティ、フレッッシュ、甘酸っぱい、ジューシー。一言で言うなら穫れたての果実のよう。初めて飲む人は「コレ日本酒?白ワイン?」と思ってしまうのではないでしょうか。

キンキンに冷やして、また氷を入れて冷酒で頂いてください。甘ったるくなるので間違っても常温で飲んではいけません(蔵元談)。

日本酒が苦手な方や女性でもこれなら飲めるという方もいらっしゃいます。とにかく非常に香りの高いフルーティな酒、ワイングラスで頂くのが◎です^^

群馬泉 初しぼり 山廃本醸造

「群馬泉 初しぼり 山廃本醸造」入荷しました。

群馬泉と言えばお燗酒ですが、このお酒は群馬泉の定番であり代名詞、山廃特別本醸造のしぼりたて生原酒バージョン、軽く冷やして飲むのがおいしいお酒です。レギュラーの山廃本醸は、2年程度熟成させてから出荷されるお酒ですが、そのしぼりたてとなるとここまで印象が違うのかと驚いてしまいます。

香りはメロンやバナナのような香り。酵母が織り成す香りというよりは、山廃酒母からなるフレッシュ且つ力強い香りです。微炭酸ありフレッシュなタイプですが、山廃独特の奥深さがあり、新酒らしからぬ、また本醸造らしからぬ飲み応えでキレも抜群。本醸造の概念を越えた本醸造、お酒好きを唸らす一本でございます。

結人 Pure 純米吟醸 あらばしり

「結人 Pure 純米吟醸 あらばしり」のご紹介です。

結人の冬の新酒がラベルの装いを替え「Pure」と名付けられリニューアルしました。赤ともピンクともとれる口紅色が素敵なラベルです。

若々しくフレッシュなあらばしりです。香りは上品でクリーミーな甘いニュアンスが爽やか。味わいも甘みと酸味が絶妙で、フレッシュながら澱の円やかさが加わり、イチゴを連想させる香味です。うーん。これウマ!

ピチピチとした微炭酸があり軽快に杯が進みます。

おすすめの一本です!

秀よし とろとろと 純米原酒 練り上げにごり酒

「秀よし とろとろと 純米原酒 練り上げにごり酒」のご紹介です。

秋田県の鈴木酒造が、毎年僅か1,000本前後しか 生産する事が出来ないお酒。その名の通り、とろとろと果てしなくクリーミーなにごり酒で、こんなに滑らかなにごり酒は他には無いのではないでしょうか。

純米のもろみをざるで濾した後、なんとジューサーミキサーでにごりを撹拌、それが「練り上げ」の語源となっています。全て手作業なので製造量が限られてしまうんですね。

[su_custom_gallery source=”media: 1371,1368,1367″ link=”lightbox” width=”120″ height=”120″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

 グラスに注ぐ感触がトロトロと、香りは果てしなくヨーグルトです。何となくバナナの様なニュアンスもあり、かなり濃厚なイメージですが、飲んでみると口当たりは軽やか。 ヨーグルトと間違うようなクリーミーな食感から 、少し遅れてガツンとした純米原酒のアルコールインパクトが来ます。濃醇そうにみえますが、甘さと酸味も軽やかで、全く持って重たい感じが致しません。

1杯でお腹いっぱいになってしまいそうですが、2杯3杯ともみ勧められる酒質です。

本当に面白いお酒です。是非体験してください!

飛良泉 マル飛 山廃純米 はま矢酵母 しぼりたて 限定生酒

「飛良泉 マル飛 山廃純米 はま矢酵母 しぼりたて 限定生酒」入荷です!

このお酒を醸す「飛良泉本舗」は、室町時代中頃1487年の創業で日本で3番目に古い蔵と言われています。

伝統の山廃造りと現代的な酵母が織り成す、クラシックとモダンを融合させたシリーズとも言える「マル飛」シリーズですが、このお酒に使われている「はま矢酵母」は、明治15年に建てられた本蔵の上棟式に供えた「破魔矢」から見つかった酵母です。現代酵母に限らず、時代を超えた酵母で醸すという点では一貫しています。

歴史を積み重ねた蔵から採取した蔵付き酵母と伝統の山廃がマッチしないはずがありません。はま矢酵母が織り成す野性味のある深い味わいの純米生酒です。

今回はしぼりたて生酒仕様です。野性味ある味わいをフレッシュ感と一緒にお召し上がりください。

 

咲耶美 純米吟醸 初しぼり うすにごり

「咲耶美 純米吟醸 初しぼり うすにごり」入荷しました。

1801酵母を使った、フルーティな香味が魅力の咲耶美の新酒です。

アップル感溢れる華やかな香り、ライトで爽やかな飲み口、それでいてピチっと舌に感じる 炭酸感があります。すっきりとした甘みと綺麗な酸がフルーティでシャープな飲口を演出します。で後の方にはほの〜かな苦み、ヨーグルーな風味と相まって、あぁ〜これはうまいぃ。

[su_custom_gallery source=”media: 1925,1926,1927″ link=”lightbox” width=”120″ height=”120″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

蔵元吉田さん曰く、昨年より酸も甘みも、そして香りもよく出ているとおっしゃっていましたが、その言葉通り、輪郭のはっきりとしたフレッシュフルーティなおいしさがあります。

しっかりとしたジューシー味わいではありますが、重くないのでクピクピと杯が止まりません。

迷わず飲めよ、飲めばわかるさ。

 

亀の海 細雪 純米吟醸 無濾過生 直汲み 

「亀の海 細雪 純米吟醸 無濾過生 直汲み」のご紹介。

鮮やかな 果実感が魅力、長野県佐久市のお酒です。

ふな口より直接瓶詰めしフレッシュ感を重視。爽やかでフルーティな吟醸香、薄くにごった新酒らしく若々しいお酒です。しっかりとした甘味とほのかな酸味がジューシーな味わいを演出します。

フレッシュで上質な新酒が堪能できる、おすすめの一本です。

 

町田酒造 特別純米55 五百万石 にごり

「町田酒造 特別純米55 五百万石 にごり」入荷しました。直汲みバージョンと同時入荷です。

今年で町田酒造は全国区となったと言って良いのではないでしょうか。秋には蔵元完売御礼で出荷できるお酒が無くなったほど。待望の新酒入荷です。

[su_custom_gallery source=”media: 1903,1879,1901,1897″ link=”lightbox” width=”120″ height=”120″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

爽やかでクリーミーな香り、吹き出し注意の炭酸感です。甘みと旨味に加え、優しい酸が果実感を演出します。爽快でフレッシュな香味がクリーミーな酒質と合わさってこれまた抜群に美味いです。

万人におすすめできるお酒ですが、町田酒造で日本酒にはまったという方が多く、特に初心者にお勧めしたいお酒でもあります^^