大盃 純米吟醸 55 美山錦 脱気処理生酒

「大盃 純米吟醸 55 美山錦 脱気処理生酒」入荷です。昨年に新たに発売した、大盃の赤ラベルの生バージョンです。

注目は「脱気処理」という文字。「脱気処理」とはなにかというと、簡単に言うと液体中に溶けている酸素を抜くことだということです。酸化による劣化を遅らせ、保存性を高める効果があります。もちろんこの処理をするには結構な装置が必要でして、牧野酒造ではコレを導入したとの事。しかしながら、一部消耗品的パーツがあるので、全てのお酒にこの処理を施せるわけではないとの事です。

[su_custom_gallery source=”media: 1617,1616,1618″ link=”lightbox” width=”120″ height=”120″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

主たる効果は保存性なのですが、蔵元の顕二郎さん曰く、この装置を使用してみたところ酒質は柔らかくきめ細やかになる印象とのことです。基本的には生酒の保存性をを高めるために使用するのですが、試験的に火入れ酒にも試してみたり試行錯誤しているとの事。実は昨年発売の火入れの赤ラベルにもこの処置を施していたそう。個人的には静かで滑らかな印象を受けたのですが、この装置のせいだったのですね^^

さて、飲んでみましょう。

香りは穏やかでシャープな果実香。口当たり滑らか、柔らかく細やかな印象です。牧野酒造らしい、柔らかな甘味と酸味、米の旨味が優しく感じられてとてもバランスの良いお酒です。「若々しくフレッシュ!」という感じではなく、上品で落ち着いた生酒なのです。コレうまい!

初心者にも、上級者にもおススメできるお酒です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です