巖 特別純米 authentic 701号 火入れ

「巖」2種入荷のうちの1つ「巖 特別純米 authentic 701号」のご紹介です。

「authentic = 真(本物)」という意味の如く、「巌」の本流に沿ったお酒です。701号酵母は、巖で最も使われる酵母で、硬質な仕込み水との相性は、目指すお酒に最適です。

使用米は95%美山錦。わずかに掛米に五百万石を使っています。こうすることで味わいの幅を出しているとの事です。

香は穏やか、口中に注ぎ込むと甘味と旨味が舌の上を滑らかに覆います。キレもよく後もスッキリです。冷やでしか飲んでいませんが、もう2ヶ月経ってお燗でもいいかもしれません^^

開栓2日で、優しい梨のような香が出てきました。円やかに味わいものってきて良い感じです^^

巖 純米吟醸うすにごり 生

「巖」2種入荷しました。そのうちの1つ「巖 純米吟醸うすにごり 生」のご紹介です。

麹米に精米歩合50%の山田錦を使い、掛米には精米歩合55%の五百万石を使っております。巖は麹米と掛米で異なるお米を使う事が結構ありますが、試行錯誤の上この組み合わせになっております。入荷直後に巌をご購入してくださったお客様がいらっしゃったのですが、お酒を配達してくださった高井専務に熱弁して頂きました^^

栓を開けると「シュッ」っとガスが抜けます。米の粒らしきがまだ見て取れる粗いうすにゴリです。香はほのかで爽やかな果実香と心地の良いアルコール感が鼻を抜けます。巖らしいしっかりとした国のある味わい。にごり感は見た目から思ったより低く、クリアで酸もあるのでジュージーなニュアンスを感じます。キレもよくパンチのあるうすににごりです^^

開栓2日目。香のバランスはアルコール感がだいぶ減って、非常に円やかでクリーミーになっております。いい感じです^^味わいもしかり、角が取れてより飲みやすい感じにまとまってきています。甘味はより上品に、酸も丸く。ズッシリしてるけどキレは良く。旨いなぁ〜コレ。
巖は開栓してから味が乗ってきますが、このお酒は特に生酒ということで、短時間で豹変した感じがあります。1日目も旨いですが、アルコール感が苦手な方などは開栓から1日置いて飲むと美味しく頂ける野ではないかと思います。