群馬泉 山廃純米 初しぼり

「群馬泉 山廃純米 初しぼり」入荷しました。

年末に出荷される「初しぼり」は本醸造 で、外見は見分けがつきづらいですが、こちらは精米歩合50%の純米酒となります。群馬泉の殆どのお酒は、1〜2年の熟成を経て出荷されますが、このお酒もそのうちの一つ「群馬泉 超特撰純米」の新酒で、熟成期間に入るその前に、特別に瓶詰めしてもらったスペシャルバージョンなのです。通常の生産ラインには無いバージョンですので、毎年注文があった分だけ出荷、全国でも20店舗程度の取扱いとの事です。

[su_custom_gallery source=”media: 1083,1079,1081,1082,1078″ link=”lightbox” width=”100″ height=”110″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

瓶底を見ると少々の澱があります。

香りはストレートにバナナ。しぼりたてのお酒はリンゴ酸系のスッキリとした香りがしますが、山廃造りの影響なのでしょう、このお酒は若々しくも力強くバナナなのです。

シンプルなラベルとは裏腹に、甘旨酸味が複雑に絡み合った山廃ならではの奥深さ。芳醇旨口な酒ですが、そこに収まりきらない厚みがあります。含み香もバナナな。蔵元がおっしゃっていた通り少し若さがありますが、そんなことおかまい無しにうまいです^^

開栓数日後、若さが丸くなり、いい感じに味がまとまってきました!山廃ならでは酸がアクセントに輪郭がハッキリとし、厚みのある味わいが1つまとまってきました。激烈にうまいです。

50%磨きは大吟醸並。コクとボディのあるお酒がお好きな方に、超オススメの逸品です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です