結人 N&S 純米吟醸 直汲み生

「結人 N&S 純米吟醸 直汲み生」のご紹介。「N&S」とは苦味と渋味を意味しています。

結人らしい上品で華やかな香りに、ついつい盃が進むような甘味と旨味はそのままに、後味にN&Sがサッと現れ、キレの良さを後押しします。甘味をN&Sがフォローしてさっぱりとした後味にまとめあげてくれている感じでしょうか。うまいです^^

通常の結人と飲み比べるのも面白いですね。華やかな香りで年末年始にオススメです^^

[su_custom_gallery source=”media: 949,938,937″ link=”lightbox” width=”180″ height=”180″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

巖 特別純米酒 五百万石 しぼりたて

「巖 特別純米酒 五百万石 しぼりたて」入荷してます。「巖(いわお)」は、開栓してから味が乗ってくるのが特徴の男酒です。

このしぼりたても例に漏れず、開けて3日目からグンと変わって参りました。開けたては、巖らしいガツンとした感じがなく、物足りない印象がありましたが、変わってからは味に香りに深みが増し、テイスティーでバランスの良いお酒に進化です^^

今日4日目、飲んでみますと、味わいがより一層の広がりを見せます。ほんと旨いです!やはり巖は日をかけて飲むのが良いですね^^

ラベルは新年仕様(?)の、男らしい金、ド派手仕様です。この歌舞伎者、正月元旦に開け、3〜4日かけて、飲み干すのが吉でしょう^^

[su_custom_gallery source=”media: 959,958″ link=”lightbox” width=”180″ height=”180″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

群馬泉 初しぼり 特別本醸

「群馬泉 初しぼり 特別本醸」のご紹介。燗酒のイメージが強い群馬泉の生原酒です。山廃本醸造の無ろ過オリがらみ少々ぷちぷちです。

開封すると、本醸生らしからぬ、バナメロンな香り。思わず「おぉ〜」と声が漏れてしまいます。味わいも本醸造らしくスッキリとした、、 とはいきません。群馬泉らしく厚みのあるフレッシュな甘旨みと、キュ〜と口中を引き締めてくれる酸味がバランスよく暴れます。舌触りは少々のプチプチ感を感じます。わずかなオリを混ぜれば、ひと味円やかな感じに頂けます。

フレッシュなお酒ですが、この状態でここまでの厚みです、上澄みはお燗をしても面白いです^^

このシンブルなラベルとは相反した、中身の重厚さと複雑さ、そのギャップに惹かれてしまうひともいるのではないでしょうか。私はその一人です^^;

「初しぼり」、年初めのスタート酒にはもってこいではないでしょうか。強めにプッシュしたいオススメのお酒です^^

[su_custom_gallery source=”media: 955,954,952,951,953″ link=”lightbox” width=”100″ height=”100″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

GOZENHU9 (NINE) スパークリング

GOZENSHU9(NINE)のご紹介。岡山県/辻本店、500ml瓶のお洒落な発泡清酒です。

蔵元コメント ”岡山県産雄町米と古代製法「菩提もと」で醸したスパークリングタイプの純米酒です。お米の甘みと天然乳酸菌由来の程好い酸味が同居した、爽やかなお酒です。様々なシーンで、よく冷やしてお楽しみください。”

まず、開栓時吹きこぼれ厳重注意です。甘くみてると半分以上吹きこぼしてしまうでしょう。吹きこぼれを回避するにはまず良く冷やします。重要なのでもう一回言います。良く冷やします。

開栓は一気にぜす、数回に分けて完全開栓していきます。栓を緩めて中の炭酸を抜いて行く感じです。

栓を回し始め「プシュッ」と鳴ったらすぐに泡が噴き出してきますので、溢れないうちに栓を締めます。その状態でも瓶内では炭酸とにごり部分が荒々しく吹き回っています。落ち着いてきたら再び栓を緩めます。また噴き出しが始りますので、様子で栓を締めます。その行程を噴き出しが無くなるまで繰り返します。私の場合は5回ほと繰り返し、時間で言うと完全開栓までに5分以上かかりました。それくらいじっくり開栓してください。

弾ける香りは爽や且つ芳醇なヨーグルー。香りを裏切らない濃厚な甘味と爽やかな酸のあるヨーグルーな味わい。華やかなお酒で、アルコール度数は11度と低く飲みやすい設定ですので、食前にシャンパングラスで頂くのなんて最高です。クリスマスパーティ、ローストチキン前の乾杯酒にも最適ではないでしょうか^^

[su_custom_gallery source=”media: 894,892,890,889,888,887″ link=”lightbox” width=”180″ height=”180″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒

「咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒」入荷しました。

夏に初入荷した咲耶美、フルーティでジューシーな香味が受けて早々に売り切れてしまいました。今回入荷した「純米吟醸 直汲み」はフレッシュで爽やかな吟醸香、微発泡で舌触りはプチプチっと、味わいはライトでキレ良く、非常に飲みやすくし上がっています^^

2日目で発泡感もおさまりつつあり、また違う顔を見せてくれます。

直汲みの他に同じラベルでバージョン違いの「うすにごり」もございます。うすにごりは一升瓶のみの出荷ですので、四合瓶はございません。

ラベルも一新し再スタートした咲耶美、是非お試しください^^

[su_custom_gallery source=”media: 922,920,921″ link=”lightbox” width=”180″ height=”180″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

やまとしずく 純米吟醸 生 ユキノヤマト

美酒王国秋田のお酒、「ヘトヽ」でやまとしずくと読みます。27BY新酒の第一弾となる冬の限定酒「純米吟醸 ユキノヤマト」入荷しました。しぼりたてそのままの新酒うすにごり、火入れ無し成分無調整のお酒です。

穏やかながら確かに感じるバナナメロン系の香り。その静かさから期待が膨らみます。

上澄みを口に含むと生酒ならではの艶やかな香味に透明感、そして舌が捉える丸さがあります。若々しくはありますが荒々しくはありません。非常に美味しいです。

澱(おり)を混ぜると、お酒は白い薄化粧をまといます。澱のクリーミーさがより一層の丸さを感じさせ、粉雪が静かにまとめられたような、そんな感覚があります。濁ってもその透明感は変わらず、バランスの良い味わいが、まだ足跡のない降り積もったばかりの静かな雪景色を想わせます。

「新雪の輝きのようなあざやかな香味」とは蔵元談。ぜひ確かめて頂きたい一押しのお酒です。

[su_custom_gallery source=”media: 906,902,904,905″ link=”lightbox” width=”130″ height=”130″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

 

亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24

高知県 亀泉酒造「亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24」入荷しました。

CEL-24というのは酵母の名前で,この酵母は高知県の工業技術センターで開発されたもの。酵母の種類によって、日本酒の香味というのは大きく左右されますが、このCEL-24は、非常に華やかなお酒を生成する特徴的な酵母です。

出来上がったお酒は、香り超華やかフルーティ、フレッッシュ、甘酸っぱい、ジューシー。一言で言うなら穫れたての果実のよう。初めて飲む人は「コレ日本酒?白ワイン?」と思ってしまうのではないでしょうか。

キンキンに冷やして、また氷を入れて冷酒で頂いてください。甘ったるくなるので間違っても常温で飲んではいけません(蔵元談)。

日本酒が苦手な方や女性でもこれなら飲めるという方もいらっしゃいます。とにかく非常に香りの高いフルーティな酒、ワイングラスで頂くのが◎です。

[su_custom_gallery source=”media: 899,897″ link=”lightbox” width=”200″ height=”200″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

一ノ蔵 しぼりたて 特別純米生原酒

 毎冬、人気の高い「一ノ蔵 しぼりたて 特別純米生原酒」ご紹介。

宮城県を代表する「ササニシキ」を吟醸酒並みの55%まで磨いて醸されました。

しぼりたてらしいフレッシュ且つ上品な香り。純米ならではの豊かな旨味とコク、フレッシュな風味のバランスがとれて、まとまりよし、ササニシキの特徴が良く出ています。

柔らかさにスット切れる後味の良さもあり、アルコール度数の高さを感じさせない飲み心地の良い一本です。

キリっと冷やしても良いですが、寒くなった季節なら常温でもコノお酒の良さが引き出せるかと思います。

[su_custom_gallery source=”media: 827,826″ link=”lightbox” width=”200″ height=”200″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

千代の光 淡月 ささにごり 無濾過生酒

「千代の光 淡月 ささにごり 無濾過生酒」。妙高の千代の光酒造の冬季限定酒です。

遠心分離機という、日本で10台程度しか稼働していない貴重な機械で絞っています。力でギュゥぅっと搾るのではなく、遠心力を利用し無加圧で醪(もろみ)からお酒を取り出しており、香味高くきめ細やかでシルキーなお酒となります。

雪が積もったように見える澱は、蔵元がある新潟の妙高を思わせます。見た目も味わいも大変奇麗なお酒、雪のふる日に飲めたら最高です。淡く軽い雪のようなささにごり。お酒に漂わせてお飲みください。
[su_custom_gallery source=”media: 824,821″ link=”lightbox” width=”200″ height=”200″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]