御前酒 菩提酛 特別純米 ひやおろし

「御前酒 菩提酛 特別純米 ひやおろし」です。

全ての日本酒造りに欠かせない「酛(もと)」造りですが、現代の主流は「速醸酛(そくじょうもと)」で、これは酛造り中に醸造用の乳酸を加えることによって、安定した造りが出来るという手法です。また、近年は江戸時代から続く「生酛(きもと)」や明治時代に考案された「山廃酛(やまはいもと)」に回帰する蔵元も増えています。

そしてこの「菩提酛(ぼだいもと)」。室町時代に奈良のお寺発祥の手法で、「生酛」「山廃」の元となった手法でもあります。室町時代の手法が今でも実用されていて、日本酒の文化的深さ、重要さを思い知りますね^^

[su_custom_gallery source=”media: 732,734″ link=”lightbox” width=”200″ height=”200″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

さて、この 御前酒 ひやおろし、岡山県産米 アキヒカリを100%使用。スッキリした味わいに米の旨味もしっかりと感じられるお酒です。冷やすとすっきり、お燗で飲めばじんわりと米の旨味が広がります。さすがに秋の味覚とばっちりなお酒であります^^

分厚いシイタケにしょうゆをたらして七輪で焼けば、このお酒の最高のお供となります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です