大盃 秋あがり 純米生詰

大盃の秋あがりが入荷してまいりました。

「秋あがり」とは、もともと秋になって旨味が乗り味が上がったコトを言います。一方、同じ秋のお酒でひやおろしがありますが、春に搾った酒を火入れ後貯蔵し、夏を超し生詰め酒として出荷したモノをいいます。

味がうまくなった状態を指す言葉と、お酒の貯蔵期間や火入れタイプによって名付けられる名称ですから、もともと意味合いが違います。

普通に考えれば、「ひやおろし」として出荷されているお酒ははもれなく秋あがりしている訳で、逆に「秋上がり」として出荷されている酒も、ほぼひやおろし仕様で出荷されている現実を考えますと、秋あがり=ひやおろしと思ってもいいのかなと思います。

さて、大盃 秋上がりですが、例年通り円熟の秋らしい味わいとなっておりますが、試飲の感想は、昨年より良い感じがする〜/です^^

穏やかながら果実を思わせる香り、円みを帯びたすっきりした味わいはそのままに、後の方に感じる綺麗な酸は、昨年はそんなに感じなかったような。。

とにかく秋酒一発目の大盃 秋あがり、オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です