久保田 翠寿 大吟醸

日本酒「久保田」。日本酒を飲まない方でも聞いた事あるのではないでしょうか?

新潟県の朝日酒造が醸す「久保田」ですが、今年で発売30周年になります。その「久保田」ですが、発売当初から正規取扱店はお客様とコミュニケーションの中で、口頭でその価値を伝えていくという明確なコンセプトがありました。ですので、発売から30年、情報インフラが急激に発達した近年も、蔵元発信以外の久保田の情報がネット上に流れることは基本的に無く、もちろんネットショッピングも無いという状態が続いていたのでした。

それがとうとう、、先月に解禁となりました!ネットで初めて「当店は久保田の正規取扱店です!」と言えるようになったのです^^ 解禁によって今後予期せぬ弊害も起こりえるのかもしれませんが、単純においしいお酒をこうやって紹介できる事は嬉しい事ですね^^

また「久保田」を醸す朝日酒造は、業界の先駆者として、様々な取り組みを行なっています。例えば、ほたるの生息地の保護活動や、新中学生に紅葉の苗木の贈呈活動等ですが、蔵近隣の自然、ふるさとを大切にする事は、きっと米づくり、日本酒造りに通づるものがあるのだと思います。そういうお蔵の背景を知って飲むお酒は、またひと味違うものですから、また違う機会でご紹介できればと思います。

※今までも、久保田は正規取扱店以外のネットショップで販売されておりますが、価格も不当に高く、なによりお酒の状態に不安がありますので、久保田をお求めの際はフレッシュローテーションで適正価格の正規取扱店でご購入されることをおススメします。

さて、「久保田」というと「百寿」「千寿」「萬寿」などが聞き覚えあるかと思いますが、この他に「紅寿(こうじゅ)」「翠寿(すいじゅ)」「碧寿(へきじゅ)」という商品もございます。紅寿から順に、純米吟醸/大吟醸/山廃 純米大吟醸 となっております。その中でもこの季節にオススめは「翠寿」です^^

おそらく久保田商品の中で一番レアではないでしょうか。きゅっと冷やすと大吟醸の綺麗でスッキリとした味わいが、淡麗久保田により一層の透明感を与えてくれます。久保田を取り扱う酒販店で集まった試飲会でも、久々にのむ翠寿に皆さん好評価、改めて翠寿の魅力を知ったのでありました^^ アルコールも14度と低め、さらっと頂けるお酒です。

夏のお供にオススめです^^

[su_custom_gallery source=”media: 647,645,646″ link=”lightbox” width=”180″ height=”180″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です