蔵見学 群馬泉 島岡酒造

[su_custom_gallery source=”media: 625,624,623,622,619,618,617,616,612,611,608,606,607,627″ link=”lightbox” width=”100″ height=”100″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

先日、群馬県太田市にある、「群馬泉」製造元、島岡酒造に蔵見学に行って参りました。シーズンではないので造り中のお酒はありませんが、専務で杜氏の島岡さんに蔵内を案内してもらいました。

製造蔵は、2006年に不慮の火事によりほぼ消失しており、その後同じ場所に建て直し現在に至っています。蔵はシンプルな動線で、白壁、塗り直した貯蔵タンク、垂れ下がる白熱灯がモダンな雰囲気を演出しています。左右に並ぶ円柱の柱は、火事前からのモノだそうです。

群馬泉と言えば山廃造りですが、その山廃酒母を造るとき、白熱球の発する熱が、温調整に役立つとのこと。白熱球が手に入れにくくなってきたとのことで、まとめて10年分くらい買いだめしているといいます。

貯蔵タンクは塗り直したばかりでしたが、注目すべきはその胴回り。画像では分かりづらいかもしれませんが、段になっている部分は今回新たに改造した部分だそうで、中に帯状の空間があり、そこに水を流して温度調整をするそうです。

島岡さんの話しでは、数字的なことももちろんデータ収集し参考にしているけど、重きを置いているのは経験や感覚の部分であるとの事です。開口部を解放した貯蔵タンクであったり、常温に近い状態での貯蔵も多いのですが、山廃はそれに耐えうる強さがあるとの事。簡単には悪くならないんですね。

島岡酒造さんでは11月に造りを始めると、初めに大部分の酒母を造ってしまうそうです。そして順次、醪(もろみ)造りに入って行くわけですが、待たされている酒母も強靭な山廃ということで簡単には悪くならないそう。そして2月中には造りもほぼ終わってしまうとのことで、非常に特殊な製造スケジュールでした。通常は10月から造り始め、4、5月頃に「甑(こしき)倒し」(=その期の製造を終了を意味します)するのが普通ですし、まとめて多くの酒母を造るのも珍しいと思います。やはり山廃というのが、大きな特徴のお蔵なんだなぁと再認識しました。

非常に説明上手な島岡専務。その他色々な話しもお聞きしましたが、全て書ききれないのでこの辺で。買い付けてきた「淡緑 純米吟醸」は、山廃ならではの奥深い味わいと酸が効いた、凛々しい味わいです。暑い今の季節なら冷やして飲むにも◎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です