田んぼからつくったお酒がとうとう

「田んぼから日本酒をつくる会」と称しまして、つながりのある酒屋さん、農家さん、酒造さん、お客さん、と一緒に日本酒をつくりました。

昨年6月に田植え、年明け2月に蔵見学&造り体験を実施。ハレて5月、来週辺り(多分)出荷となります^^ 先日、参加者で集まり完成発表会をやってお酒頂きました。感動です(涙)。お酒が出来上がったことも感動ですが、それが旨かったことが感動に拍車をかけました^^

お酒の名前は「AZE」。

参加者と企画者で案を出し、人気の高かったものからふさわしいものを選びました。「畦」は田と田の間の土の仕切りのことで、道として使われれば畦道(あぜみち)となります。田んぼから始めた酒造り、何かそこにちなんだものが良いなぁということで命名しました^^

醸すのは牧野酒造。

牧野酒造らしい落ち着いた穏やかな香りは、バナナメロン系。口に入れると、すぐに米の旨みが舌を包みます。旨みとほぼ同時に感じる甘みと少々の酸がバランス良くすっきり軽快。最後も牧野さんらしくしっかりとキレます^^これは飲み飽きしないタイプ、食中酒にぴったりです。

入荷が楽しみです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です