BENI -UMESHU- 大盃

奇麗で深いルビー色が印象的なプレミアムな梅酒「BENI」。その理由は近年開発された、梅とスモモの間の子「紅の舞」という品種を使っている事です。

群馬県の農業技術センターで開発した梅の新品種「紅の舞」は、スモモ「筑波2号」に梅「鶯宿」を交配して育成された、赤色の果肉が特徴です。梅酒「BENI」は、倉渕の牧野酒造の日本酒「大盃」をベースに「紅の舞」をつけ込んだもので、リンゴ酸が多くクエン酸が少ないため、フルーティな味わいとまろやかな酸味が特徴です。

「紅の舞」は、その艶やかな色合いと引き換えに栽培に手間暇かかります。県内わずか2軒の梅農家で栽培、市場には基本的には出回らない希少品種です。 透き通った天然のルビー色、アセロラ、カシスを思わせるすっきりフルーティな味わい。ソーダで割っても◎、女性に好まれるお洒落な味わいのプレミアムな梅酒です。

[su_custom_gallery source=”media: 346,347,343″ link=”lightbox” width=”160″ height=”160″][su_custom_gallery source=”media: 343,347″ width=”250″ height=”250″][/su_custom_gallery]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です